波長分散型蛍光x線分析装置 lab center xrf-乐鱼apo

波長分散型蛍光x線分析装置 lab center xrf-1800

xrf-1500/1700シリーズは世界に先駆けて局所分析・マッピング機能・4kw薄窓x線管を搭載し蛍光x線分析の応用分野を拡大した革命的装置として高い評価をいただきました。xrf-1800はハード・ソフトの両面から細部まで見直し、さらなる信頼性と操作性の向上、新機能の追加により高次元での完成度を達成しました。

高感度分析と局所分析のパイオニアである島津製作所が自信を持ってお届けします。


■世界初の250µmマッピングを波長分散型で実現(特許取得済)
不均一試料の含有量分布、強度分布の分析ができます。

■高次線プロファイルを利用した正確な定性・定量分析(特許出願中)
高次線の判定がより正確になり、定性定量分析の正確度・信頼性が向上します。

■高分子薄膜の膜厚測定と無機成分分析ができるバックグラウンドfp法(特許取得済)
水素の情報をコンプトン散乱/レイリー散乱の強度比を利用して計算できます。高分子薄膜の情報としてコンプトン散乱線の理論強度を利用できます。

■局所分析機構
独自開発の特種形状スライド式視野制限絞りによるr方向と試料回転機構によるθ回転により30mm径内の任意の位置を分析することができます。

■ccdカメラによる試料観察も可能(オプション)
測定室導入位置で試料容器を測定位置と同じポジショニングを行ってから画像を取り込む事により測定位置と画像をあわせることができます。(特許出願中)

■高信頼性、長寿命の4kw薄窓x線管を搭載(3年間保証)
平均寿命で5年以上の実績を持つ高信頼性x線管を搭載。従来の3kwx線管に比べ、軽元素で2倍以上の感度アップを達成しました。また、3年保証です。

■ノウハウを集約したテンプレート機能とマッチング機能
液体・粉体・固体・金属・酸化物など試料の形態に応じて条件が用意されていますのでそれを元に最適な条件を作成することができます。異材判定・品種分類・品種判定・一致検索の4種類のマッチング機能により判定、検索が可能です。
※外観および仕様は改良のため、予告なく変更することがあります。

 

ページトップに戻る
网站地图