ニュース | 島津中国 -乐鱼apo

ニュース

島津検測(sat) 異物・不良品分析サービスについて

2023年5月11日

中国における漢方薬の急速な発展と需要の拡大に伴い、漢方生薬や煎じ薬などがアフラキシンに汚染されているかは業界の関心が広く集まります。アフラトキシンは強い毒性を持ち、肝臓、腎臓、肺、胃などの部位のがん化を誘発することが可能なので、世界保健機関( who )から、がんに研究する部署から、第一類発がん性物質だと認められています。

漢方生薬や煎じ薬、製剤などは生産、加工、保存、運送などの過程における、操作ミスや保存条件の不完備であれば、湿気のせいで、カビになってから、アフラトキシンに汚染される可能性があります。

島津検査(sat)は、漢方薬分析に精通したサービスネットワークおよび島津グループが開発したアフラトキシン専用分析カラムの派生分析システムを活かして、アフラトキシンに関して、専門的な分析ソリューションを提供しております。それにより、頼られる分析データを入手して、品質コントロールのサポートだけではなく、お困り事が有れば、完成品の安全性の向上など、お気軽にお問い合わせください。

関連実例応用は下記のリンクにご参照ください。

 

 

 

 

 

ページトップに戻る
网站地图