ニュース | 島津中国 -乐鱼apo

ニュース

島津検測(sat)から遺伝毒性不純物分析ソリューション

2022年7月6日

                                                 

2018年以来、バルサルタン薬から発がんの可能性がある物質であるn-ニトロソジメチルアミン(ndma)を検出された後、他のサルタン類、テブチン類及びメトホルミンなども相次いでndmaが検出され、患者様の健康に潜在的なリスクをもたらす可能性があると判定され、関連薬品のリコールは拡大されていますし、関連生産メーカーに莫大な損失を与えました。その後、薬品の安全性を確保するため、薬品管理監督局は薬品中に含まれる可能性のある遺伝毒性不純物に対する品質管理要求と審査は益々厳しくなっています。
島津検測(sat)は優秀な検査分析技術チームと先端的な分析装置を活かして、製薬会社や薬品検査機構、研究開発センター、croとcdmo会社などに向けて、総合的な遺伝毒性不純物の検査サービスを提供しております。

 

 

                                

 

ページトップに戻る
网站地图