ニュース | 島津中国 -乐鱼apo

ニュース

島津検測(sat)フォギング試験について

2021年9月20日

革、プラスチック、紡織品および接着剤など自動車関連内装材料・添加剤などは揮発性有機化合物を含んでいることが多い。車内温度は高くなってから、これらの成分の揮発が加速させ、外気で冷えた窓ガラス内面に凝縮し、白く曇らせて視界を妨げてしまう恐れがある。しかも、一部の揮発性有機化合物は運転手や乗客の健康に影響を及ぼす可能性がある。従って、自動車関連内装材料に向き、フォキング試験を行うのは零部件サプライヤーから完成車メーカーまで必要性が高く、車内の汚染を制御させるため、重要な措置の一つだと考えられる。弊社は15年以上自動車関連分析サービスを提供してきて、トータルフォキング試験をサポートさせていただきます。

関連実例応用などについては、次のリンクをご参照になってください。

 

 

 

ページトップに戻る
网站地图