ニュース | 島津中国 -乐鱼apo

ニュース

toc計用 cqバイアル リリース

2021年1月10日

            

純水中に含まれる全有機体炭素(toc)の測定では、実験器具に由来するコンタミネーションが測定値に大きな影響を与えるリスクがあります。そのため測定に使用するバイアルの洗浄、乾燥、保管には十分な注意が必要です。これらの作業が徹底されていなかったり、そのレベルが作業者によってばらついていたりすると、測定値の信頼性が得られません。

cqバイアルは厳格な製造、洗浄工程のもと、バイアル内への不純物の溶出が極限まで抑えられています。内部への有機不純物の溶出が10μgc/l未満であることを宣言する保証書が同梱されています。純水や低濃度の試料の測定にはぜひcqバイアルをご利用ください。

 

ページトップに戻る
网站地图